アブ・シンベル神殿発掘200周年記念イベント
  

和光市民文化センター「サンアゼリア」大ホール(埼玉県)

日時:2017年7月2日(日)
13:00開演(開場12:00)終了16:00
入場料:無料   事前申込制
※詳細は当ページ下部「参加申込について」をご参照下さいませ。

開催目的
  
2011 年のエジプト政変以降、エジプト観光業は一進一退を繰り返しながらも、回復の兆しを見せている今日。日本でもエジプト観光への関心が再び注目を見せています。日本の支援により建設中の大エジプト博物館のオープン予定も2018 年に控え、2020 年の東京オリンピック開催も近づいているなど、アラブ・エジプトと日本の関係は今後いっそう注目度を増し、さらなる相互理解と連携が必要となっています。日本でも人気、認知度が高く、世界遺産の象徴とも言える【アブシンベル神殿】入口発掘200 周年を迎えるこの2017 年に、同神殿発見のお祝いと共に、エジプトの悠久と神秘にあふれる美しい歴史と文化を本場から持ち込み、多くの日本の皆様に体感して頂きたい。両国の友好と文化交流の促進、そして将来的なエジプト観光業再生につながっていくことを目指しています。今回が第一弾となり、今後も定期開催を行う予定です。

★世界遺産【アブ・シンベル神殿】
エジプト史上最強のファラオ、ラムセス二世が3000年以上前に建立した巨大な岩窟神殿。長らく砂に埋もれ、その姿を隠していましたが、小壁の一部が見つかり、1817年に出入口が発掘されてから、今年で200年目となります。時空を超え、そして数々の苦難を乗り越え、現在まで世界中の観光客を魅了しています。
  
エジプト考古学者
ザヒ・ハワス氏来日講演会
UNESCO Ambassador for Human Heritage

*エジプト学の権威
元エジプト考古省大臣


イベント内容​​​

日時:2017年7月2日(日)13:00開演(開場12:00)終了16:00

  1. ザヒ・ハワス氏講演会
    最新考古学についてや、アブシンベル、ピラミッドの歴史、ミイラの謎などについて普段では聞けない話を詳しく説明します。
  2. レダ民族舞踊団
    エジプトの伝統舞踊 (ヌビアン、タンヌーラ・ショー、ファッラーヒー、アレキサンドリアなど)     
  3. エジプト考古学博物館レプリカ展
    考古学博物館にある有名展示品の中から15作品のレプリカを展示します。(シェーク・エルバラド、ツタンカーメン像など)
  4. アブシンベル写真展
    アブシンベル神殿発券から移転までの全てが分かる200年の歴史を語る数々の写真を展示します。
  1. 日本人から見たエジプト
    日本人考古学者の矢羽多 万奈美先生による日本人から見た遺跡発掘・エジプト生活についての体験談トーク
参加申込について 
入場料無料 
事前予約制(予約なしでの当日参加は空席あれば可)
■予約方法:参加者氏名(または代表者名)・参加人数・メールアドレス・電話番号をご記入の上、下記メールアドレス宛にお申込み下さい。

event@ewsegy.com
※満席になった場合を除き、お申込メールのご返信はさせていただいておりません。後日、参加のご案内メールをお送りいたします。
アクセス情報

東武東上線・東京メトロ有楽町線/副都心線「和光市駅」南口から徒歩13分 ※池袋駅から「和光市駅」まで上記利用で約15分程度です。
※当日は交通機関をご利用下さいませ。お車・バイク等は利用不可となります。
主催
エジプシャンデイ実行委員会
後援
埼玉県   埼玉県教育委員会   和光市   埼玉県国際交流協会     JICA   テレ玉   埼玉新聞社   朝日新聞さいたま総局   産経新聞さいたま総局    古代オリエント博物館
共催
特別協賛